DVD

ふるさと津島

「消えゆくふるさと 最後の7つの物語」

ドローン空撮の一部映像と

インタビューを収録したダイジェスト版

2020 年7月|DVD|カラー|NTSC|片面1 層|日本語|本編70 分

1000

円(本体910円+税)

消えゆくふるさと 最後の7つの物語

家 族 三瓶 春江

震災前、4世代10人の家族と暮らしていた春江さん。日常の小さな出来事に、家族の幸せを感じていたが...。「家が取り壊されたら、生きてきた歴史や家族の証しがなかったことになってしまう」、被害にあった家族の想いを伝える。

喪 失 佐々木 茂

地域を取り締まる相馬藩の検断役として津島に移り住んだ佐々木家。茂さんは幼い頃から、川で小魚を採り、山できのこを探して育った。ふるさとが朽ちてゆく光景を見続けることは、耐えるに忍びない。

約 束 佐々木 やす子

震災の年に、夫と息子を続けて亡くしたやす子さん。避難で夫の死を十分に弔うこともできず、息子の「津島に帰りたい」という最期の願いも叶えることはできなかった。津島に眠るふたりのそばで暮らしたい。それが家族との最後の約束だ。

かまど 石井 ひろみ

都会の横浜から、津島の旧家に嫁いだひろみさん。田舎での暮らしは、毎朝のかまどの火起こしから始まった。40年をかけてつくりあげた人との絆、自らで獲得したふるさと。避難してはじめて、津島が自分にとって大きな存在になっていたことに気づく。

証 し 武藤 晴男

晴男さんの父は終戦後に満州から戻り、桃や米を作って苦労を重ねながらも家族が暮らす家を建てた。しかし避難後は、動物に家を荒らされて朽ち果てた。諦めることのできない無念の想い、誰に責任があるのか。

三匹獅子舞 今野 正悦

津島で最も古い家系のひとつである今野家。18代目の正悦さんは、郷土芸能の世話役を務める「庭元」として、地域で重要な役目を果たしてきた。しかし今年、300年以上の歴史ある旧家を解体することに。庭元制度の崩壊、そして伝統芸能の継承が危ぶまれている。

夢 今野 秀則

代々と受継いだ松本屋旅館を営んでいた秀則さん。原発事故から10年目、避難生活が続く中でいつも似た夢を見る。幼い自分が懐かしい家で遊んでいる夢だ。本来の自分の居場所があるはずのに、そこに住めない。悔しさが形を変えて夢につながっているのだろうか。

【製 作】 ふるさと津島を映像で残す会  

【監 修】 佐々木 茂 【撮影・監督】野田雅也  【編 集】Media Laboノダグラ  

【題 字】今野正悦 【ナレーション】 窪田たい子/窪田美智代【整 音】川久保直貴  

【音 楽】三瓶ミサ子/今野正悦/今野悦男/紺野正雄/赤宇木郷土芸術保存会

※ この活動は立正佼成会一食平和基金の助成を受けています。

Copyright © 2020 ふるさと津島を映像で残す会 All Rights Reserved. 

特定商取引法に基づく表記