福島・「津島」はなぜ闘うのか―3人のジャーナリストによる現地報告― 2022.4.3






※ 予約制 【日時】2022年4月3日(日) 午後1:20~午後4:30 【場所】東京都・日比谷図書館/コンベンションホール 【参加費】1000円 http://doi-toshikuni.net/j/p-doc/20220403.html


原発事故によって浪江町津島地区の約1400人の住民たちは故郷を追われ、11年経った今も、帰還できる見通しもなく、福島県内外に散ったままです。帰還を渇望しながら、無念のまま避難先で亡くなった人は、200人を超えると言われています。

津島住民640人が「事故前の津島に戻してくれ」と国と東電を相手に訴えた「ふるさとを返せ 津島原発訴訟」の一審判決(2021年7月)で、裁判所はその原状回復の要求を却下しました。それでも住民は諦めません。

津島の被災者たちは、なぜ「不可能」とも思える原状回復を求めて闘い続けるのか。彼らにとって、あの原発事故は何だったのか。“津島”とは何なのか。

日本社会が「フクシマは終わった」と忘れ去ろうとする11年後の今、津島住民の現状と思いを通して、改めて “フクシマ”の意味を、津島取材を続ける3人のジャーナリストが問いかけます。

土井敏邦

ーーーーーーーーー

  • ドキュメンタリー映画『ふるさと津島』(30分版) 監督・撮影・編集/フォトジャーナリスト・野田雅也氏 関連サイト:ふるさと津島を映像で残す会

  • 写真集 「浪江町津島」スライドショー(30分) 写真家・森住卓氏 関連記事:森住卓・新著「浪江町津島―風下の村びと―」土井敏邦 関連サイト:「浪江町津島」風下の村の人びと(新日本出版社)

  • ドキュメンタリー映画『津島』(30分/ダイジェスト版)

  • 講演「私たちはなぜ闘うのか」(30分) 「ふるさとを返せ 津島原発訴訟」原告団団長・今野秀則氏 関連サイト:ふるさとを返せ 津島原発訴訟 原告団 関連サイト:津島原発訴訟弁護団

  • 質疑応答(30分)

ーーーーーーーーー

【場所】日比谷図書文化館 日比谷コンベンションホール(地下)

【参加費】 1000円

【予約申し込み先】

新型コロナ感染拡大防止のため予約制となっています。

会場からの要請により、感染者が出た場合に後日連絡できるよう、参加を希望される方は必ず連絡先(氏名・メールアドレス・電話番号)をご記入ください。

doitoshikuni@mail.goo.ne.jp (定員200名に達した時点で締め切らせていただきます) 監督・撮影・編集/ドキュメンタリスト・土井敏邦

問い合わせ

【主催】土井敏邦 パレスチナ・記録の会 【協賛】福島原発事故津島被害者原告団

【連絡先】doitoshikuni@mail.goo.ne.jp


閲覧数:0回0件のコメント